サイトアフィリエイト

クラウドワークスのプロジェクト形式とタスク形式の違いを説明します。

投稿日:

アフィリのブログ記事を外注するときにクラウドソーシングを

使うと便利ですね。

アフィリエイターから評判の良いクラウドワークス

クラウドワークスでの募集にはプロジェクト形式とタスク形式

という2つの発注の方法があります。

 

プロジェクト型とタスク型はどう違うの?
アフィリ1年生A子

 

というアフィリ初心者のためにクラウドワークスのプロジェクト形式と

タスク形式について詳しく説明をします。

 

 

クラウドワークスでの発注のやり方 プロジェクト形式とタスク形式の違い

クラウドワークスでの依頼形態にはプロジェクト形式とタスク形式があります。

まずはその違いはどこにあるのかを説明します。

 

プロジェクト形式のやり方は

「特定のメンバーと相談しながら進める」

というものです。

タスク形式というのは

「応募・契約なしで多くの人から作業を集める」

方式ということです。

(タスク形式のものは承認・非承認が必要になります。)

ものです。

具体的にはどういう違いがあるのでしょうか?

プロジェクト形式とは?

プロジェクト形式では発注者のアフィリエイターがお願いしたい内容を

記載してライターを募集します。

応募してきたライターに対して、アフィリエイターはその人に頼むか

どうかを決めて契約をします。

契約後に、応募者に仕事をまとめて依頼するという形になります。

 

応募者が少ないと仕事が依頼できなかったり、契約をしたりという

手続きがあるので、今すぐ記事を書いてもらいたいという場合には

向いていませんが

 

自分好みの記事を仕上げてもらいたい人に向いています。

じっくり外注を育てるという感覚です。

タスク形式とは?

タスク形式ではプロジェクト形式のような面倒な手続きはなしで、

多くの人から作業を集めることができます。

 

仕事の依頼を公開して、手が空いているクラウドワーカーさんが

いればその場で記事を作成してくれます。

 

出来上がった記事を見て、その記事を承認するか非承認にするか

を決めましょう。

 

あまりにも出来が悪かったものなどは非承認にすることができ

ます。

すぐに大量が記事が欲しい場合に向いています。

 

アフィリ記事の外注のためにはプロジェクト形式とタスク形式のどっちがいいの?

それではプロジェクト形式とタスク形式のどちらがいいの?
アフィリ1年生A子

確かにアフィリ記事を作成してもらうためはどちらの形式がよいのか

気になりますね。

 

「今すぐに記事が欲しい」

「早く納品してもらいたい」

 

という場合はタスク形式のほうがいいです。

不特定多数の人が作業してくれるので納期も早いです。

 

ただタスク型はクラウドワーカーさんの質によって出上がってくる

記事の質がまちまちなので、

思ったような記事が上がってこないことがあります。

 

その場合は、その記事を承認しない、つまり非承認ということに

すればいいわけですが、

それも毎回毎回、非承認にすることはできません。

 

非承認ができる上限もあります。(確か応募記事数の30%まで。

細かいことは後述します。)

 

非承認にしたくないので、直しを依頼することが

クラウドワークスのシステムを通してできますが、

 

そういう人は連絡を見てくれないことが多く、直しが上がって

こないので、結局非承認にすることになります。

 

なのでこの作業が無駄かなとも思います。

 

 

さて、次にプロジェクト形式についてお話をします。

プロジェクト形式はすぐに記事が欲しいという場合には

向いていませんが、外注を雇うという意味では優れたシステム

です。

 

プロジェクト形式はこちらアフィリエイターが仕事を募集

します。

次にその仕事をしてみたい人が応募をしてきます。

応募者にはまずサンプルで記事を書いてもらうことができるので、

書いてもらって記事を見てみましょう。

 

ライターとしての実力が大体わかると思います。

 

こちらが希望している応募人数よりも応募者が多い場合は

ここで誰を選ぶか決めましょう。

 

お願いするとになった人に対して契約をします。

 

契約をしたら改めて仕事を依頼します。

 

アフィリの記事外注にはどちらを使ったほうがいいの?
アフィリ1年生A子
ミヤ
ケースバイケースなんだけど・・・

 

ここまで述べてきたようにプロジェクト形式で仕事を依頼

することは、仕事を始めてもらうまでに時間や手間がかかり

ます。

 

それが面倒な場合は、タスク形式を使うまでですが、

タスク形式では記事の質が安定しません。

 

思い通りの記事を書いてもらうためには、ここは頑張ってプロジェクト

形式で依頼をしたほうがいいです。

 

プロジェクト形式で仕事を募集してもすぐに応募者が来るとは

限らないので、ここは辛抱するところですね。

 

記事作成を急いでいるなら取り敢えずはタスク形式で募集しつつ、

プロジェクト形式で応募者を待つというのもいいかも知れません。

 

プロジェクト形式でライターが決まったら、チャットワークなど

直接やり取りができる方法に切り替えましょう。

 

そこで細かく指示が出せるようになると、こちらが思う通りの

記事が仕上がってきます。

 

この作業がアフィリエイターが言うところの

「外注の教育」

ということになります。

外注さんを雇って教育していくってことね?
アフィリ1年生A子
ミヤ
自分の思う通りの記事を書いてもらうためには教育が必要ね

クラウドワークスでのプロジェクト形式とタスク形式の外注募集のための注意点とは?

最後にクラウドワークスのプロジェクト形式とタスク形式の募集の

注意点を説明しておきます。

 

どちらも募集して作業してもらうということには違いはありません。

それぞれの外注記事募集の際に気を付けることがあります。

 

プロジェクト形式とタスク形式を募集するときに気を付けることを

紹介します。

プロジェクト形式で気を付けるべき注意点

プロジェクト形式で気を付けることは

・外注者(受注者)とのやり取り
・納期の確認・単価の確認

です。

外注者(受注者)とのやり取り

プロジェクト形式で気を付けるべきことは、外注者とのやり取り

です。

タスク形式と違ってプロジェクト型は募集して応募をしてきた

人とやり取りが発生します。

 

例えば

「あなたを採用します」

というところから、記事が上がってきたときに

「ここをこう直してほしい」

というやり取りまで、すべて目に見えないチャットで連絡を

取ります。

 

こういうやり取りが面倒でないマメな人ならいいですが、

やり取りが面倒と思う人は気を付けたほうがいいです。

 

やり取りが面倒という人で、特に男性に多いのが、

1行だけで返事をしてしまう人です。

 

相手も人間ですから、

「記事を作成してくれてありがとう」

「早く納品してくれて助かりました」

 

などの言葉が欲しい時もありますので、臨機応変にこの

ような言葉を使ってあげるのが望ましいです。

 

納期の確認・単価の確認

プロジェクト型は

「外注を雇う」

という感覚に近いため、どうしても納期を守らない人が

いたり、単価のことでもめたりすることもあります。

 

そのため、はじめの契約時にそれらのことはしっかりと

しておいたほうがいいです。

 

「納期が遅れるときには事前に連絡すること」

「単価は○○円です。記事内容や経験によってこれから

上がっていきます。」

 

などはキッチリとしておいたほうがいいでしょう。

 

そうしないと外注さんに嫌われてしまって

「外注に逃げられる」

という最悪の事態にもなりかねません。

 

念には念を押しておいたほうがいいでしょう。

外注に逃げられることは避けないといけないね!
アフィリ1年生A子

 

タスク形式で気を付けるべき注意点

タスク形式で気を付けることは

・依頼詳細の書き方

・承認・非承認

です。

タスク形式で気を付ける点について詳しく見ていき

ましょう。

依頼詳細の書き方

タスク型では外注者とやり取りができませんので、

こちらの依頼を伝える道具は「依頼詳細」しかありま

せん。

 

そのため、依頼詳細は詳しく書く必要があります。

 

例えば、こういう内容で記事を書いて欲しいとかの

依頼や、あとはサンプル記事のURLを掲載することも

いいです。

 

そうしないと依頼通りの文章が出来上がってきません

ので注意が必要です。

 

承認・非承認

タスク型では出来上がってきた記事に対して、

発注者の側が承認・非承認をすることができます。

 

上がってきた記事がこちらの依頼通りのものは文句なく

承認でいいのですが、

中には依頼通りに仕上げていない記事もあります。

 

そういう場合、タスク型の場合は基本的に外注者

(受注者)とのやり取りが出来ませんので

 

(いちおうクラウドワークスの中に受注者との

チャットがあるのですが、見てもらえていない

ようです。)

 

承認するかどうか悩みます。

 

 

私の場合は、あまりにもヒドイものは申し訳

ありませんが、「非承認」にしています。

 

なぜこのように辛口にするかというと、他の頑張って

記事を書いてくれた人と何も調べないで即席で仕上げた

記事が同じ価値(価格)であることが許せないから

です。

 

そういう理由で非承認という機能を使います。

 

ただ非承認にできる上限が決まっていますので、

それを越えない範囲で非承認にすることができます。

 

クラウドワークスの規定によると

「非承認にできる作業の件数は、1つの依頼あたり

3件もしくは、実際に作業された件数に対して

最大30%まで」

となっています。

 

クラウドワークスのタスク型は、不特定多数のライターが

記事を書いてくれるシステムですが

ヒドイ記事を書いてくる人は、どの記事を書いても同じ

ようにヒドイので(笑)

 

私は「1人あたりの作業件数」に「制限をかける」と

チェックして1人あたりの件数を決めています。

 

例えば10件依頼するときには1人あたりの件数は3件まで

としています。

 

1人あたりの作業件数が3件までならば30%を超えないので

ヒドイ記事をあげてくる外注者が3件を作業したとしても

3件ともすべて非承認にすることができるからです。

 

このようにこちら発注者側からも質の悪い記事を排斥する

ことができるので、1人あたりの作業件数の上限を利用して

みてください。

 

プロジェクト形式とタスク形式で気を付けるべき
ところが違うのね。
アフィリ1年生A子

クラウドワークスのプロジェクト形式とタスク形式の違いまとめ

以上がクラウドワークスのプロジェクト形式とタスク

形式の違いでした。

 

プロジェクト形式とタスク形式には違いがあり、それぞれの

良いところ悪いところも分かったと思います。

 

それぞれのメリットをデメリットを知ったうえで発注が

できるとトラブルに巻き込まれることも少ないかと思います。

 

アフィリエイターから評判の高いクラウドワークス。

 

あなたもこの意見を参考にしてクラウドワークスを使って

みてくださいね。

-サイトアフィリエイト
-, , ,

Copyright© アラフォーママのアフィリでネット副収入!実践日記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.